Home > ウミウシ

ウミウシ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

サガミミノウミウシ

サガミミノウミウシ
FUJIFILM FinePix F30
絞り数値:2.8  シャッタースピード:1/1000  ISO:100 露出補正:-2

青海島では普通種ですが、ついつい撮っちゃうウミウシ。

蛍光色のミノがいい感じ♪

サガミミノオウミウシ

サガミミノウミウシ
FUJIFILM FinePix F30
絞り数値:2.8  シャッタースピード:1/1000  ISO:100 露出補正:-2

海外の水中写真はバックを黒に潰しているヤツが多いですね。

日本のはメルヘンチックにホワ~ンと暈しているヤツが多いような気がします。

私はどっちも好きだけど、サガミミノウミウシはバックを潰したほうがミノの美しさが際立って断然イイと思います。

ツルガチゴミノウミウシ

ツルガチゴミノウミウシ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:6.3  シャッタースピード:1/250  ISO:100

触角がとても特徴的なツルガチゴミノウミウシ。

他のウミウシの卵を食べることで知られている。

移動速度はとても速く、産卵のスピードもなかなかのものだった。

ウミウシとの出会いは一期一会。

青海島のウミウシたち

セトリュウグウウミウシ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:3.5  シャッタースピード:1/1000  ISO:50

青海島で見ることができるウミウシの中では、間違いなくナンバーワンのド派手野郎!

コガネマツカサウミウシ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:3.2  シャッタースピード:1/1000  ISO:50

このエリアのカヤにウジャウジャいるウミウシ。
毎年、カヤに多くの個体が集まり産卵している。

ハクセンミノウミウシ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:3.5  シャッタースピード:1/1000  ISO:50

この個体は体長が2~3mm程しかなく、肉眼では、ミノの美しい白線も、触角の前のビビッドな赤い斑紋も判別できなかった。
使用しているカメラは、もうやがて10年になる安いコンデジだけど、人間の眼よりも解像度が高いようだ。。。

オトメミドリガイ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:6.3  シャッタースピード:1/1000  ISO:50

セトリュウグウが派手ナンバーワンなら、こいつは地味ナンバーワンかも。。。
紹介しても、大抵、シャッターを切られることなくスルーされる。

ウスイロウミウシ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:6.3  シャッタースピード:1/1000  ISO:50

こいつはカワイイんだけど、シロウミウシと思われて良くスルーされる。。。

ハナイロウミウシ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:7.0  シャッタースピード:1/1000  ISO:50

個人的に大好きなウミウシ。

涼しげな風鈴を思わせるデザイン。

Home > ウミウシ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。