Home > マダラギンポ

マダラギンポ Archive

マダラギンポ

マダラギンポ
■ EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
■ Tv:1/125 Av:4.0 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

コンデジと違ってデジイチだと距離が取れるので、被写体をビビらせずに撮る事ができる。

巣穴からキョロキョロして周囲の様子を伺うマダラギンポの幼魚。

なんとも愛嬌があります。

マダラギンポ

マダラギンポ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:5.0 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

発見当初は、驚きの、いわゆる「超レアもの」でしたが、いまでは普通に(・・・普通には言いすぎか。。“探せばなんとか”くらいにしとこう)見られる種になってしまいました。

数は少ないですが、日本海の船越海岸でも、内湾の紫津浦でも見ることが出来ます。

この海域で繁殖しているのかどうかは謎ですが、いつかは、かの有名な仔魚放出行動を、ここ青海島で見てみたいものです。

【撮影に関して】
斜めに走っている黒い棒は、ウニの棘です。
ウニは手のひらに納まるくらいのサイズ。ということで、この魚の大きさを想像して頂けると思います。
岩と岩の隙間にいるので、上手い事、ストロボが当たるように向きを調整するのがコツです。

ナダラギンポ

マダラギンポ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:4.5 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

婚姻色になりかけのマダラギンポだ。
バリバリの婚姻色になると、頬のあたりが緑色に染まり、喉の下がブルーになり、腹ビレの付け根あたりがオレンジ色になる。
こんな感じで ⇒ http://toushimakokeginpo.blog25.fc2.com/blog-entry-500.html

初めて青海島でマダラギンポにお目にかかったのは3年くらい前だったように記憶しているが、この頃は1年に1個体みれるかどうかくらいの遭遇率で、確実に無効分散(=聞きなれた言い方では死滅回遊)してきた類だろうと思っていた。

しかし、昨年あたりからは時期が来ると確実に見れるようになり、チビ~成魚まで、そして婚姻色の個体もみられるようになった。

もはや、青海島のマダラギンポは無効分散の類とは言えなくなってきたのかもしれない。

このまま行けば、日本海でクマノミが普通に越冬し繁殖する光景はそう遠くないように思える。

マダラギンポの幼魚

マダラギンポの幼魚
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:4.5 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

また今回も撮り置き写真です。
暖かくなって忙しくなるのは素直に嬉しいが、なかなかカメラを持ち込んでゆっくり一人で潜る事が出来なくなるのは少し寂しい。

さて、今回の写真は昨年の10月31日に撮ったマダラギンポの幼魚。

なんの生き物でも大体そうだが、幼児期は体の割に眼がとても大きくて、理屈抜きに可愛い。
マダラギンポはギンポ系の中でも特に可愛いように思う。
ピコンと頼りなく立っている眼上皮弁もたまらなくキュートだ。

青海島では死滅回遊魚にあたるマダラギンポ。
今年も無事に出会えるといいのだが・・・

Home > マダラギンポ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top