Home > イワアナコケギンポ

イワアナコケギンポ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イワアナコケギンポ

イワアナコケギンポ
【撮影場所】山口県長門市 青海島 船越海岸 水深13m
【撮影器材】EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
【撮影データ】Tv:1/125 Av:4.0 ISO:100 ホワイトバランス:くもり

先日、TVでガイアの夜明けを見ていたら、水族館にまつわるアレコレの特集をやっていた。

どんな内容だったかをザックリ簡単に説明すると、
主役は「海の手配師」とも呼ばれている方で、この方が、努力奮闘し、水族館やペットショップに、珍しい魚や生き物を、いかに死なさずに弱らさずに届ける=手配するか、って話。

例えば、リーフィーシードラゴンが、200万円くらいだったかな?で売買され、その売買の権利を持っているのは世界でも2社くらいしかなくって、運搬には非常に気を遣い、弱らせないように特殊な袋を使うとかなんとか。。。
んで、元気に発注者(=水族館とか)の元に届けば、手配師は報酬をもらえ、届いた時に死んでしまっていては、何百万円もする仕入れ品がパァ~!なんだとか。

まあ、番組の内容自体は普段知ることの無い世界で、興味深くて面白かったんだけど、ひっかっかたのは、こういう稀少な生物の売買の権利を誰かが、誰かに与えているってこと。
こんな神様の免罪符みたいなものを、やりとりしてしまって、勝手にルール作るって、どうなんかな~???

とかなんとか一丁前な事を言いながら、私も水族館は大好きで、何度も行ったことがあるし、ペットショップでハムスターやら金魚やら、ジュウシマツやらを買ったこともある。

なので、文句を言うつもりも、権利も全く無い訳だけれども、やっぱり自然ものもは、それが見れるところに行って、そして謙虚に覗き見るってのがいいんじゃないかなぁ~と思う。

けど、やっぱそんなことはキレイゴトで、水族館で働いている人もいっぱいいるし、水族館に行って、夢を与えられた子供達も一杯いるだろうし、ペットショップで買ったペットに癒されている人もいっぱいいるだろう。

何気なくボ~っと見ていたのだけど、一人でアレコレ考えて、番組が終わった頃には釈然としない気持ちになったわけ。

イワアナコケギンポ

イワアナコケギンポ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:4.5 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

今日も用事があり海に行けない。
なので、また撮り置き写真。
4月10日に撮ったものだ。

TKGプロジェクトのOさん(⇒http://marinabi.blog49.fc2.com/)みたいにずっと一つの種を追ってみたいが、仕事で潜っているとなかなかそうもいかないのがツライところだ。

この写真の子は今頃どんな顔色して、なにしてるんだろうなぁ~。。。
海に行けないと、海の事が気になって仕方ありません。

ちなみに、TKGとIKGの違いはコチラ↓
http://marinabi.blog49.fc2.com/blog-entry-64.html
http://blueworld.moe-nifty.com/blue_world_01/2009/04/post-ce94.html

イワアナコケギンポ

イワアナコケギンポ

巣穴から身を乗り出して、餌となる浮遊物に喰らいつこうとしているところです。

普段は顔をちょこっと出しているだけなので、こんなシーンに出くわすと興奮してしまいます♪

しかし、待ってると食いモンが流れてくるなんでいいですね~(^^)
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > イワアナコケギンポ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。