Home > キアンコウの幼魚

キアンコウの幼魚 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

キアンコウの幼魚

キアンコウの幼魚
FUJIFILM FinePix F30
絞り数値:2.8  シャッタースピード:1/1000  ISO:100 露出補正:-2

優雅に漂う体長5cmほどのキアンコウの幼魚。

立派なエスカも付いている!
獲物に喰らいつく立派な口もアンコウのそれらしく成長している!

着底生活ももうすぐなのだろう。

面白い魚達との予期せぬ出会いがあるからダイビングはやめられない♪

キアンコウの幼魚

キアンコウの幼魚
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:8.0 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

2009年4月24日に撮影したキアンコウの幼魚。
やることがボチボチあって海に行けない日が続くので撮り置き写真だ。

この日はベタ凪で、背景にある岩牡蠣が、うまいこと水面にも映ってくれて特殊効果を施したような仕上がりになった。

本当は水面にキアンコウの幼魚自体を映しての撮影を狙っていたのだが、これはこれで面白い。

季節限定の幼魚との出会い。来年も無事に楽しめることを願う。

キアンコウの幼魚

キアンコウの幼魚
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/250 Av:5.6 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

またまたキアンコウの幼魚です。
下の写真とカメラの設定は同じですが、レンズを水面に向けるか、海底に向けるかでここまで雰囲気が変わります。
水面を入れると太陽の位置で全く予想もしていなかった仕上がりになったりもします。

キアンコウの幼魚は思っていた以上に撮りにくくて、途中からトリマクル作戦でいきました。
沢山、撮れば1枚くらいイメージ通りに撮れるかな?と (^^;;
しかし、たまたま撮れた写真にやっぱりいいものはありません。
やはり、狙って、考えて、海に入る前から構想していたモノのほうが作品と呼べる仕上がりにもなるし、人々の心も摑みます。

写真ってやればやるほど難しいなと思えてきます・・・

【お知らせ】
くどいようですが、GW激ヒマです (^^;;
皆様のご予約を心よりお待ちしております!

キアンコウの幼魚

キアンコウの幼魚
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/250 Av:5.6 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

巷で話題沸騰中のキアンコウの幼魚。
今年は当たり年で、大小様々、多くの個体が目撃されています。

アンコウとういえば、ツウの間では茨城県が有名ですが、実は水揚げ日本一なのは下関!
皆さん知らなかったでしょ~。私も知りませんでした(^^;;

キアンコウの幼魚にはなかなか出会えませんが、実は萩から下関にかけての海底にはアンコウがゴロゴロおるんですなぁ~。。。

あ~、アンコウ鍋食いて~(^^)

【お知らせ】
GW期間中、ガラガラで~す(^^;;
皆様のお越しをアンコウの成魚とともに、海の底から、心の底からお待ちしております!!

Home > キアンコウの幼魚

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。