Home > ホンソメワケベラ

ホンソメワケベラ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ホンソメワケベラ

ホンソメワケベラ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:3.5 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

ホンソメワケベラが縄張り争いをしていました。

この魚は他の魚の寄生虫をとる食性から、大型魚に捕食されることはなく、掃除魚として有名である。
本種の雄は広い縄張りをもち、その中に数尾の雌を従えてハーレムをつくる。
この雄がいなくなると、最上位の雌が性転換してすぐ雄になる。
本州南岸での産卵期は夏で、雌雄の番(つがい)が海面近くに上がり、産卵・放精する。
              ― 山渓カラー名鑑 日本の海水魚より抜粋 ― 

他の魚をクリーニングするだけでなく結構面白い生態を持った魚なんですね~♪

【撮影に関して】
この魚は、体長は7cm程度で、細長く、規則性が無く泳ぎ回る為に、撮影は結構難しいです。
出会った時は、喧嘩も終盤にさしかかっており、この1枚を撮ったあとはすぐにお互い離れてどこかに行ってしまいました。
1度きりのシャッターチャンスでしたが、まぐれで撮れた奇跡の1枚です。

ホンソメワケベラ

ホンソメワケベラ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:4.0 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

他の魚の寄生虫をとる食性から、大型魚に捕食されることはなく、掃除魚として有名なホンソメワケベラ。

船越では、アイゴのクリーニングステーションでその活躍する姿を誰もが見たことがあると思います。

私が青海島で潜り始めた頃は、夏限定のシーンだったような気がしますが、今では沢山のホンソメワケベラが越冬し、年中見られる光景になってしまいました。

こんな山口県の片隅にも確実に地球温暖化の影響は出始めているようです。

Home > ホンソメワケベラ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。