Home > ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ニシキフウライウオ その2

ニシキフウライウオ
【撮影場所】鹿児島県 坊津 あじろ 水深5m
【撮影器材】EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
【撮影データ】Tv:1/125 Av:3.2 ISO:100 ホワイトバランス:くもり

前回と同じニシキフウライウオ。

この時は、地元のガイドさんが、上からライトを照らしてくれていたので、それを利用して、スポットライトを浴びている風に、そしてやや逆光気味にシルエットを浮かび上がらせる風に、そんなイメージで撮りたかったのですが・・・

イマイチ、イメージ通りにはいきませんでしたが、一つの被写体でいろいろな撮り方を楽しめました♪

ニシキフウライウオ in 坊津

ニシキフウライウオ
【撮影場所】鹿児島県 坊津 あじろ 水深5m
【撮影器材】EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
【撮影データ】Tv:1/125 Av:4.5 ISO:100 ホワイトバランス:くもり

先日、仕事で行った坊津で撮ったニシキフウライウオ。
スケルトンボディに赤い模様が入るとてもお洒落なヤツだった。
真夏に清涼感を味合わせてくれる風鈴のイメージで撮ってみました。

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:4.0 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

錦江湾ネタの続きです。

ニシキフウライウオ・・・ いつか出会ってみたい魚の中の一つでした。
ついに錦江湾で会うことが出来ました。

魚とはとても思えない風貌で、顔を下にして立ち泳ぎをしています。

水深20m弱の海底で、念願の出会いを果たし、寒さも忘れ夢中でシャッターを切り続けました。

【撮影に関して】
もっとカメラを魚と平行にして、口の先~尾鰭の先までピントを合わせたかったのですが、地形的にこれが限界で思うような写真にはなりませんでした。
しかし、初モノとの出会いは嬉しさ一杯で、宝物を見つけたような感動があります。
これだから水中写真はやめられないのでしょう。

Home > ニシキフウライウオ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。