Home > ベニハゼ属の1種‐12

ベニハゼ属の1種‐12 Archive

ベニハゼ属の1種‐12 in 錦江湾(鹿児島)

ベニハゼ属の1種‐12
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:2.8 ISO:100 ホワイトバランス:くもり

桜島の東岸。小さな船が一艘泊めてあるだけの小さな海岸からエントリー。
底が無いんじゃないか!?と思えるほどの急斜面に沿って徐々に水深を下げていく。

水深50m。あたりは群青色の闇につつまれる。

心細さを救ってくれる水中ライトの光。

岩の隙間を照らすと、光の帯の先に、とても美しい眼をした小さなハゼがいた。

ベニハゼ属の1種‐12・・・未記載種と考えられ、現在、分類学的研究が進められている魚だ。

この手の魚はとても臆病で、不用意にカメラを向けようものならすぐに岩陰に身を隠してしまう。
ストロボの光量と向き、絞り、シャッタースピードを確認し、慎重に近づき4~5枚シャッターを切った。
もっと撮りたかったが、この深度に滞在できる時間はあと僅か・・・
妖しく光るグリーンの眼に後ろ髪を引かれる思いで、水面を目指しゆっくりと浮上を開始した。

【お知らせ】
3月13日(土)~14日(日)
3月27日(土)~28日(日)
どちらかの日程で、桜島フォトダイブツアーを開催したいと思います。
2人以上で開催決定ですので、興味がある方はご連絡下さい。
参加条件は、
①カメラをお持ちの方
②中性浮力がとれる方
③ダイブコンピュータをお持ちで、減圧の指示を守れる方、とさせていただきます。

Home > ベニハゼ属の1種‐12

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top