Home > カサゴ

カサゴ Archive

カサゴ

カサゴ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:3.5 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

カサゴがウマヅラハギの若魚を丸呑みにしようとしているところだ。

カサゴは、ウマヅラハギの胴体を折り曲げるようにして喰らいついてしまったために、飲み込むまでに30分くらいの時間を要した。

おかげさまで、あれこれと構図を考えたり、どっちを主役にしようかぁ~なんて考える時間がたっぷり取れた。

ウマヅラの眼だけにピントを持ってきて、カサゴは背景のように暈して、モンスターに襲われるかのような絵にしようとも考えたが、結局は両方の眼にピントを持ってくることにした。

ウマヅラハギの眼が、「ちょっと~!!撮ってないで助けてくれよ~~!!」と訴えかけているようで若干心が痛みましたが、実にゆっくりあれこれ考えながら撮影を楽しんだのでした。。。

ウマヅラハギにとっては人生最悪の時間だったことでしょうが、私にとっては、なにもかも忘れて撮影にのみ集中できた至福の時でした。。。。

イソバナとカサゴ

カサゴ


トンネル内にはイソバナや、トゲトゲトサカ、フトヤギの一種などが多く生息しています。
それらが皆ポリプを広げた時は、真っ黒なトンネル内が一面花畑のように華やかになります。
そこに、イソカサゴやカサゴが隠れている様子はとってもビューティフル♪
カサゴも背景がカラフルだと絵になります。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

カサゴ

カサゴ


トンネルの出口にある立派なウミカラマツ。
生き物達の格好の隠れ家のようで、カサゴ、スズメダイ、オルトマンワラエビ、などをよく見ることが出来ます。

本当は、ワイドレンズでウミカラマツのしなり具合を撮りたかったのだけど、内臓ストロボのみのコンデジでは無理なので、マクロレンズをつけたまま、カサゴに迫ってみました。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

カサゴ

イソカサゴ

OLYMPUS C755UZ & PT-018 + INON UCL-165
f5.6 1/250 ISO100

船越海岸からエントリーし、真北に水面移動で約10分、
さらに潜降して約10分くらい泳ぐと、海底トンネルがある。

このトンネルの中には、ここら辺の海域ではあまり見ない、トゲトサカの仲間、
大きなヤギの仲間などのソフトコーラルがいっぱいだ。

その中で、かくれんぼを楽しむかのように、イソカサゴやカサゴが沢山暮らしている。
真っ暗なトンネルの中、水中ライトをパッと照らすと、浮き上がってくる赤や黄色。
ダイバーにしか楽しめない美しい景色だ。

体験ダイビングでは絶対ここまで来れないので、青海島で体験ダイビングをされた方は、
是非ライセンスを取って、この素晴らしい景色を味わって欲しいものだ。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > カサゴ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top