Home > ハナハゼ

ハナハゼ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハナハゼ

ハナハゼ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:5.6 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

私の中では‘ハゼっぽくないハゼ’の代表格です。
ハゼといえば砂地を這いまわるイメージですが、ハナハゼは優雅に中層を遊泳しています。
通常、ハナハゼは危険を感じると素早く巣穴に逃げ込むのですが、今年のヤツらは違います。
全く逃げずに余裕をかまして泳いでいます。なぜでしょうね??

【撮影に関して】
メタリックなボディなので、ストロボを強く当てすぎると反射して真っ白になってしまいます。
その点に注意して、ストロボ光の強さと絞りのバランスを決めていきます。
デジタルになって、こういう作業は実に簡単になりましたが、フィルム時代は試行錯誤の繰り返しで、フィルム1本全部ボツ!なんてことも良くありました。
カメラに限らず、色々な面でデジタル化がもたらした影響ってのはすごいものがありますね。

ハナハゼ

ハナハゼ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:5.0 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

昨夜、夕食で仙崎で買ってきたメジナを塩焼きにして食べました。
お皿に盛られた魚は顔が左向きになっていました。
なぜだか分かりませんが日本人ならば自然に魚の顔を左向きにしてお皿に乗せます。

魚の絵を描くときも、みんな無意識のうちに顔を左向きにして描くのではないでしょうか?

これはなぜでしょう??

ちょっと気になったのでネットで調べてみました。
すると意外にも様々な理由が存在することが判明!

もっともらしいものをいくつか挙げてみましょう。

理由その①
世界で一番最初に魚の研究をして図鑑を作った人が、
内蔵の都合で、頭を右向きにして魚を解剖して調べた。
その後、頭を左向きにして、魚の全体をスケッチした。
それがきっかけで、魚の頭は左に向けられる事になった。

理由その②
日本料理の盛り付けで、頭を左にして、腹手前にするのが基本の為。
(カレイは例外で、頭を右にして、腹を手前にする。)
海外では、魚の頭が右向きで皿に盛り付けられている事が
あるようなので、これは日本特有の習慣という可能性がある。

理由その③
左を上位とし、右を下位とする古代中国の考え方が日本に伝わり、
左が尊いものとされて、左前の原則が出来た。
そこから、魚の頭を左向きにする習慣が生まれた。

他にも色々な理由がネット上に溢れていましたが、この3つがなんだかもっともらしいような気がしました。

上写真は左向きのハナハゼですが、下に右向きで撮ったものも載せておきます。
あなたはどっち向きがしっくりきますか?

ハナハゼ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
Tv:1/125 Av:8.0 ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

【撮影に関して】
メタリックな体表なのでストロボを強く当てすぎると色や質感が吹っ飛んでしまいます。
そうならないように気をつけながら撮影しました。
しかし、透視度3mの海では思うように撮影できず、かなりイマイチな出来映えです。
また透視度がいいときにリベンジしたい被写体です。

ハナハゼ(幼魚)

ハナハゼ(幼魚)
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

船越:左の瀬にて(山口県:日本海側)

ハナハゼの成魚は巣穴への依存性が高く、なかなか近寄り難いが、幼魚は結構いけます。

4~5匹で群れてフラフラ泳いでいるので、ゆっくりジワジワとテリトリーの境界線まで追い詰めれば楽に撮れます。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハナハゼは難しい・・・

ハナハゼ

OLYMPUS C-755UltraZoom + PT-018

今年の紫津浦はハナハゼが多い。
しかも、どの個体も大きくて、結構近寄れる。

しかし、近寄れるといっても、コンデジで納得がいく写真を撮れる距離まではなかなか寄らしてくれない。
一定間隔を保って、フワリフワリ離れていくのだ・・・・

鰭を広げるとそれはそれは美しいのだが、鰭を広げずに泳いでいると、ただのボヤ~っとした細長い棒にしか見えない(笑)

この写真も納得がいくできではありませんがとりあえずUPしておきます。

また、リベンジですね♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > ハナハゼ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。