Home > 2006年09月

2006年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

リュウモンイロウミウシ

リュウモンイロウミウシ

この日は、台風通過後のうねりが強く残っており、ウミウシたちの触角もゆ~らゆ~ら。
右へ左へなびいていました。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

リュウモンイロウミウシ

リュウモンイロウミウシ

シロウミウシほど個体数は多くはありませんが、青海島では普通に見られるウミウシです。
流紋の名の通り、かっこいいウミウシです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

トウシマコギンポ

トウシマコケギンポ

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

トウシマコケギンポ

トウシマコケギンポ

左の瀬の上に沢山います。
臆病なヤツから、まったく動じないヤツ、威嚇をしてくるヤツなど、さまざまです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ミノカサゴ

ミノカサゴ

透明度が最悪だったので、絞ってバックを黒くしてみました。
バックの処理は好みによるところですが、黒バックと青バック、皆さんはどちらがお好みでしょうか?
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ニジギンポ

ニジギンポ

下の写真と同じ個体ですが、絞りを開放して、海の色を出してみました。
金色に輝く卵が、希望の光というか生命の光というか、なんだかそんな感じがして、見ているだけで嬉しくなってきます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ニジギンポ

ニジギンポ

絞り込んでバックを黒くしてみました。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ホシノハゼ

ホシノハゼ

船越では普通種のホシノハゼです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ミサキウバウオ

ミサキウバウオ

左の瀬の岩の隙間で多く見ることが出来ます。
とぼけた表情がなんともかわいいです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ミノカサゴの幼魚

ミノカサゴの幼魚

3センチくらいのガラス細工のような幼魚。

背景を抜いて透明感を出したいと思うのですが、幼魚は捕食されないようにコソコソ岩肌を泳いでいるので、なかなか思うような構図で撮れません。

この個体、かわいそうなことに、同種であるミノカサゴの成魚から狙いをつけられ追いかけまわされていました。
今回は、カジメの陰に隠れて事なきを得ましたが、成魚になるまでには、何度もこんな修羅場を迎えるんでしょうね・・・
弱肉強食の世界に生きる魚達は大変だな。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ミサキウバウオ

ミサキウバウオ


1ヶ月以上ぶりにカメラを持って海に入りました。
やはり長いこと撮っていないと勘が鈍ります。
今日はうねりが強かったせいもありますが、ろくな写真が撮れませんでした。
これからはお客様も減ってきますので、また地道に撮っていこうと思います。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2006年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。