Home > 2008年05月

2008年05月

ウミシダヤドリエビ

ウミシダヤドリエビ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

マクロ撮影は背景を変えるだけで、同じ被写体でもガラリと雰囲気が変わるところがオモシロイ。

背景の変更に加えて、絞りやシャッタースピードの組み合わせを変えれば、出来上がる写真はもう無限大だ!

一つの被写体に対して2~3枚しかシャッターを切らないダイバーさんが多いけど、距離を変え、位置を変え、背景を変え、絞りを変え、シャッタースピードを変え、ストロボの光量を変え、最低でも30枚くらいは撮って欲しい (^^)♪

一つの被写体とじっくり向き合えば、自分のカメラやストロボの事がよ~く解ってきますよ!
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ヤマドリ

ヤマドリ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

ヤマドリのオス。

背鰭を広げる派手な求愛行動に出会ったのはこれで2度目。

1度目はドキドキ興奮して、落ち着いて写真を撮ることができず敢え無く惨敗・・・
2度目の今回はというと・・・ やはり大興奮して敢え無く惨敗・・・

一緒にこのシーンで出くわしたYさんは綺麗に撮られていたなぁ~。。。

私はまだまだ修行が足りませんね(^^;;;

この写真はトリミングと色補正をかなり行っています。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

キュウセン

キュウセン

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

キュウセンの雄。

「南国っぽさ♪」がとても少ない日本海では、貴重な存在です。

派手な顔の色彩は、仮面ライダーアマゾンを思い起こさせます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ウミシダヤドリエビ

ウミシダヤドリエビ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

実にフォトジェニックなウミシダヤドリエビ。
ウミシダ自体が絵になるので、背景をどうするか、ほとんど考えなくてもいいので楽だ♪

宿主に合わせて体色を変えるので、いろいろなカラーリングの個体が楽しめる。
高確率でほとんどのウミシダについているしね♪

今度は緑のウミシダについているヤツを撮影してみよっと(^^)♪
もの凄く雰囲気が変わるだろうな~。考えただけでもワクワクしてきます!
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ヘビギンポ

ヘビギンポ 雄

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

↑ヘビギンポの雄 下写真のヘビギンポ(雌)が卵を壁面に産み落とす様子を20㎝くらい離れた場所でジッと見ている。

ヘビギンポ 雌

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

↑ヘビギンポの雌 生殖突起がお腹から出ているのが判る。

ヘビギンポ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

雌がブルブルっと体を震わせて産卵すると、雄が擦り寄ってきて放精します。

実に観察しやすい魚なので、皆様も是非目を向けてみてください♪

洞窟内で、今が旬です♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

オオカズナギ

オオカズナギ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

今年はオオカズナギの喧嘩シーンを頻繁に見ることができます。

来年もこれが見れるとは限らないので、チャンスがあればできるだけカメラを持って行き、その勇姿を記録に残したいと思います。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

マトウダイyg

マトウダイ yg

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

500円玉より少し大きいくらいのマトウダイ。
このくらいのサイズが一番カワイイ♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

コケギンポ

コケギンポ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

もう3年近くになる、顔なじみのコケギンポ。
真っ赤で、眼上皮弁も立派な色男だ。(たぶんオス・・)

コケギンポゾーンからは全く離れた場所にひっそりと暮らしており、周辺を探しても他のコケギンポの巣穴は全く見つからない。そんなこんなで、繁殖行動には無縁のように思えるのだが、実際のところどうなのだろう???

しなきゃ、しないでいいのかな?
コケギンポ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ヒロウミウシ

ヒロウミウシ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

黒ヌキが実に映えるウミウシです。
(完璧、真っ黒ではありませんが・・・)

可憐な花のようですね♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

コケギンポ

コケギンポ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

日本海に面しているポイント「船越」には、沢山のコケギンポがいますが、道路を挟んだ反対側の湾になっているポイント「紫津浦」にはほとんどコケギンポがいません。

道路を挟んだだけで、移動距離はほんの数分なのに、まったく海の中の環境は異なります。
水温も同じ時期で1度~2度違うから驚きです。

写真のコケギンポは紫津浦の個体。
定点観測をしているのは3個体のみで、派手なアクションは全く見たことがありませんが、気長に観測を続けていきたいと思います。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハナイカ

ハナイカ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

またまたハナイカです。
旬の時に旬のものをということで。

ハナイカのように、面白い姿、綺麗な色をしている生き物は、カチっと撮るだけで面白いものです。
しかし、そのカチっと撮るってのが結構難しいのであります。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハナイカ

ハナイカ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

今が旬のハナイカ。
サルパだらけの海中で、その質感や色をキレイに出そうと思ったら、出来るだけ被写体に近寄らなければならない。
ハナイカくらいの大きさの被写体になると、100mmマクロだと当然フレームからはみ出してしまう。
しかし、結果オーライ♪ フレームからはみ出した事で、迫力が増したように思えます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

オオカズナギ

オオカズナギ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

写真では解りませんが、巣穴の中に押し込められるようにしてオレンジ色の雌がいます。
口をパクパク開けて、モゾモゾしています。

オオカズナギ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

時々、喧嘩のときに見せるような180度開口も行います。
モゾモゾし終わった後、巣穴を出て5分くらい周囲を散歩して、また戻ってきました。
その後は、口を閉じ、ジッと巣穴に入ったままでした。

未知の生態を、あれこれ考えながら観察するってのは面白いものです♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハナイカ

ハナイカ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

体長わずかに5cmほどのハナイカの子供。
子供ですが、一丁前に威嚇のポーズもするし、墨も吐きます♪
大人になるにつれ、胴体が長くなってきますので、このくらいのサイズが寸胴でとても可愛い♪

もっと背景を真っ黒にしたかったのですが、サルパだらけの海中で、サルパが写り込まない様に、ストロボやら、絞りやら色々と調整してみたのですが、これが限界でした。

それにしてもイカの仲間は、見れば見るほど、不思議な生き物です・・・
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ハナイカ

ハナイカ

OLYMPUS C-755 Ultra Zoom + PT-018 + INON UCL-330

今年もハナイカの季節がやってきました。
久しぶりに、コンデジを持ち込んで撮影してみました。

すっかり40Dに慣れてしまった私には、久しぶりのコンデジ撮影はイライラ・・・(^^;;;

フォーカスの速度は遅い、そして合焦しにくい、さらに、モニター撮影ではピントの山が摑み難くい。
そんなこんなで、久しぶりのコンデジ撮影には難儀しました。

ゲストさんの中には、イチガンは難しくて・・・なんておっしゃる方が大勢いらっしゃいますが、それは全くの間違いです(^^;;

高価なイチガンほどピント合わせが楽で、簡単♪
コンデジでいい写真を撮るには、本当にそのカメラを使いこなして自分のものにしなくてはなりません。

コンデジは難しい・・・

ハナイカ

OLYMPUS C-755 Ultra Zoom + PT-018 + INON UCL-330
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2008年05月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top