Home > 2008年07月

2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

マダラギンポ

マダラギンポ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01

相変わらず一人寂しく婚姻色のマダラギンポです。

いつ嫁が来てもいいように巣穴の掃除は入念に行っています。
見ている間も、糞を掻き出したり、ゴミをくわえて出したりと、せわしなく動いていました。

それにしても可愛いですね(^^)♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

婚姻色のマダラギンポ

マダラギンポ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01

一人寂しく婚姻色を出すマダラギンポ・・・
周りに全然仲間がいないので、求愛行動を見るのは難しいでしょう。。。

雌が通りかかったらどんな求愛をするのかなぁ~??
やっぱりギンポが良くする変色した喉をアピールするような動きをするのでしょうか?

見てみたいけど、こうやってあれこれ想像するのも楽しいものです。

下写真は偶然撮れたアクビのシーン。
ちょっと怖いですね(^^;;

マダラギンポ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01

屋久島初タイドプールにて、ロウソクギンポです。

日差しに弱い私はタイドプールのお誘いを頂いてから、なんだか暑そうだなぁ~と尻込みしていたのですが、これは杞憂に過ぎませんでした。

タイドプールは実に気持ちよく快適♪
タンクもフィンもつけないので身軽です♪

立って入れるお風呂という感じで、ロングジョンにTシャツで快適な水温でした。

ちょうど目線の高さになる水深30センチくらいのところにロウソクギンポがウジャウジャ♪
モグラたたきゲームのような感じで、あっちこっちで求愛のダンスを踊っています。
雌が通りかかるたびにぴょこぴょこ♪ぴょこぴょこ♪
必死でアピールします。

求愛を受け入れてくれた雌がよってくると、素早く雄は巣穴から出て、雌を巣穴に入れてあげます。
そして今度は巣穴に入った雌の側で、産め産めダンスをします(笑)
とにかくコミカルで笑える仕草です(^^)

久しぶりにコンデジでの撮影でしたが、タイドプールでは軽いコンデジが向いているかもしれません。
水面からカメラが半分出てしまうことも多いので、イチガンだと腕がつりそう・・・

いや~、今年の屋久島ツアーも面白かった!

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました(^^)♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

コクテンベンケイハゼ

コクテンベンケイハゼ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

前々回の坊津視察ツアーの時に撮ったコクテンベンケイハゼ。
5センチはあったように思う。
先週のツアーでも同じ場所を探してみたが発見できず。

全然、逃げない個体だったので、ゲストさんたちに是非紹介したかったのだが・・・

それにしても、坊津の塩ヶ浦というところは船越に雰囲気が似ています。

次回は、地元の方にお願いして沖までボートで出てみようと思います。
沖には、40mまで落ちる縦穴があるらしい。。。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ミサキウバウオ

ミサキウバウオ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

撮る前にしっかり撮るものを見るってのは重要だ。
そう思います。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イソギンチャクモエビ in 鹿児島県坊津塩ヶ浦

イソギンチャクモエビ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

真珠のような眼、染物のような不思議な模様、反り立った尻尾、、、
なんとも不思議でフォトジェニックなイソギンチャクモエビ。

私はどんな被写体でも必ず、タテとヨコ、2つの構図を押さえておきます。
これはもはやクセになっていて、まず「ヨコ」で2~3枚シャッターを切り、次は「タテ」で2~3枚シャッターを切ります。
なにも考えずに無意識で行います。

タテにするか、ヨコにするかだけのことですが、ストロボの当たる位置も変わるので、ずいぶん雰囲気の異なった写真になります。

イソギンチャクモエビ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

シュンカンハゼ

シュンカンハゼ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

瞬間ハゼ。しかし、今年のやつらは鈍感なようで、とても寄り易いです。

地味ですが、グリーンに光るきれいな眼をしています。
下に砂がある岩の割れ目が好きなようで、今年は左の瀬に一杯います。

私は、今夜から鹿児島坊津ツアーへ出発です。
約8時間のロングドライブ。
ヘタに休憩を取ると、妙に疲れてしまうので、かっ飛ばして瞬間移動しようと思います(笑)

坊津から帰ってきたら毎日海で、来週は屋久島ツアーです。

ヘロヘロになってぶっ倒れるかも(^^;;;
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イソギンポ

イソギンポ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

巣穴の壁面に産み付けた卵を守るイソギンポです。
卵の中を良く見てみると、眼や体が出来ていて今にもハッチアウトしそうな勢いです。

イソギンポ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

水深1mも無い浅場に巣穴をかまえているので、撮影は大変です。
浅い上に、ひょうたんのクビレのような形状をした地形になっているので、少しの波でも大きなうねりとなって体ごと持っていかれます。
ウネリとウネリの合間を見計らって何枚もシャッターを切りました。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

コブダイyg

コブダイyg

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

コブダイと言うが、タイの仲間ではなくベラの仲間。

成魚になると皆さん御存知だと思いますが、おでこがボコっと張り出して、下顎も超アイーンになる(笑)

ここ船越では立派な成魚は見たことがありませんが、萩ボートダイビングでは何度か見たことがあります。
やはり船越では水深が足りないのでしょう。

それにしても成魚と容姿が違いすぎて同じ魚とは思えません。

派手な朱色が、カラフルな魚が少ない日本海では一際目立ちます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

アミメハギ yg

アミメハギyg

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

めちゃめちゃ小さいアミメハギの幼魚だ。

体長は5mmもないでしょう。

砂地に落ちている海藻の切れ端を丹念に探していくと、タツノイトコの幼魚、ハナタツの幼魚、ヒメイカなどなど、とても小さな生き物達が結構、隠れています。

カメラを向けると必死に背を向けるので、こんなに小さくても頑張って生きようとしているんだなぁ~。。。となんだかシミジミします。

俺も頑張ろっと!


◆ お知らせ ◆

7月11日~14日 鹿児島坊津ツアー

7月19日~21日 鹿児島屋久島ツアー

上記期間は山口にいない為、青海島でのファンダイビングをお受けすることができません。

潜り放題プランの会員様には特にご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

アカササノハベラ

アカササノハベラ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

最近、興味を持ち始めたベラの仲間。
なぜ興味を持ち始めたかというと、カメラがコンデジからイチガンになって撮りやすくなったから(笑)

通常の?ステップなら魚に興味を持ってから、撮りたくなるのかもしれないが、私の場合は、全く撮れない魚は、ハナから興味が湧かない(^^;;

キレイに撮れたら、その魚の行動や生態が気になって、いろいろ調べたくなる。
いろいろ調べて、面白い行動や生態など解れば、またソレを撮りたくなりハマって行く。

水中写真やフィッシュウォッチングにハマる経緯は人それぞれだろうけど、色々あっていいと思います♪
しかし、最終的に水中写真かフィッシュウォッチングにハマらないと、ダイビングに飽きてしまうorやめてしまう事は間違いないので、皆さん是非ハマって欲しい (^^)
これは、ショップをやっていて色々なお客様を見て言っているので間違いないっす(^^;;;

さて、写真のアカササノハベラは、通常の体色と明らかに違っていておっ!?と目を引きました。
通常の雌はもっと赤が強い感じ。この個体は赤色が薄くなり、乳白色の黄色に近い感じだ。
以前も、こんな色の個体を見たことがある。
ひょっとするとこれが雄に性転換する途中のカラーリングなのかもしれない。体格も結構良かったし♪

産卵期は9~12月なので、もう少ししたら、バリバリ派手な2次雄が見れ始めるだろう。

アカササノハベラは日中に産卵が見られるらしいから楽しみだなぁ~~♪
また撮るぞ~(^^)♪


-補足-
ネットでさらにアカササノハベラを検索し色々調べていたら、MSNオークションで雌が480円で売られていた。さらにビッダーズでは雄が680円・・・
高いんだか安いんだか微妙ですが、なんだかなぁ~。。。なんでもありですね(^^;;;

それと、これもネットからの情報ですが、アカササノハベラとホシササノハベラは以前はどちらもササノハベラとされていたのですが、1997年、ダイバーの産卵行動の観察がきっかけで、ホシササノハベラとアカササノハベラに分離されたらしい。へぇ~~♪
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

前回の坊津ツアーで撮影したキンギョハナダイ。
めちゃくちゃカワイイ!

私はレアモノにあまり執着心がないので、どこの海へ行っても被写体が溢れていて、何も撮るものがないなぁ~なんて思ったことがありません。

よくエキジット後に、こんな会話を耳にしませんか?

「なにかいましたか~?(^^)」
「いや~、いつものばっかりで何もいなかったです~。(^^;;;」

「いつもの」を色々な視点から観察して、
そして色々な角度から撮ってみると面白いもんですよ~(^^)♪

お知らせ
7月12日~14日:鹿児島坊津ツアーのため、青海島でのファンダイビングはお受けできません。
           ※14日はエアーチャージが追いつかないので。
7月19日~21日:屋久島ツアーのため、同じく青海島でのファンダイビングはお受けできません。


ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします m(_ _)m
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

マダラギンポ

マダラギンポ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

やっとお会いできました♪

めっちゃ可愛いです!
ギンポの仲間の中でもダントツの可愛さではないでしょうか(^^)

マダラギンポは卵から孵った稚魚を口にくわえて、スイカの種を飛ばすように放出する行動で一躍有名になりました。
あ~~、こんなシーンを見てみたいなぁ~~~!!
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ノコギリヨウジ

ノコギリヨウジ

EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

どこがノコギリなんだろう???と長いこと疑問に思っていたが、写真を見てやっと納得。

背中がノコギリみたいにギザギザになってるんですね~。。

肉眼では解らないけど、写真に撮って、モニターで見て初めて解ることって結構沢山あります!

今日は、海の予定だったけど、雨で流れたので、いろいろたまった店での仕事を片付けます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2008年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。