Home > 2009年01月

2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

チャガラの卵

チャガラの卵
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

岩牡蠣の天井に産み付けられた卵を守るチャガラのオスです。
(詳しいLOGは⇒http://yuji-diving.net/dive_log/2009/01/post-107.html

産卵時期を迎えていない個体は水深5m付近で群れていますが、産卵時期を迎えた個体は水深10m付近に移動して、大きなしっかりとした岩の隙間に巣穴を確保し産卵します。

今までの観察から、求愛~産卵に関してはメスが主導権を握っているようで、求愛を受け入れて巣穴に入っていくのはメスの気分次第のようです。

巣穴を守るオスはダイバーが近づいても全く逃げずにせっせと卵の世話をします。胸鰭をパタパタ扇いで新鮮な海水を送り込んでやったり、ゴミを取り除いたり(^^)

チャガラの卵
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

オスメスの区別はどうやら背鰭の長さで判断して間違いなさそうです。
上写真はオス。

下写真はメスだと思われます。
チャガラの卵
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

この写真の個体なんかは、背鰭が中途半端な長さでオスなんだかメスなんだか水中ではメッチャ微妙に見えますが、写真で明らかにオスであろう個体と見比べると背鰭の長さの差は歴然です。

今まで自分で求愛行動だと言い切っていた(^^;; Xポーズや、首曲げ追跡行動(⇒http://toushimakokeginpo.blog25.fc2.com/blog-entry-540.html)に関してはまだまだ謎が多いですが、ゆっくり観察を続けていきたいと思います。

同じようにチャガラに興味を持って観察していらっしゃるチャガラーの方がいらっしゃしましたら、どんなことでも構いませんので、ご意見をLOG(⇒http://yuji-diving.net/dive_log/)のほうの書き込みにいただけるととっても嬉しいです。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

チャガラの雌雄差

チャガラ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

第一背鰭が鎌状に伸び、おそらく雄だと思われる個体。

チャガラ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

第一背鰭は鎌状に伸びず、三角形に近い形。

今まで曖昧だったチャガラの雌雄差に関して、自分なりに考えて見ました。↓
http://yuji-diving.net/dive_log/2009/01/post-105.html

詳しい方に色々アドバイスをいただけると嬉しいです。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

チャガラの求愛

チャガラ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

真冬の名物、紫津浦のチャガラの求愛です。
毎年、これを見るために全国から大勢のダイバーが集まって・・・・・・・きません(^^;;

錦江湾のアカオビハナダイの求愛に負けず劣らず、めっちゃ美しいと思うんだけどなぁ~。

チャガラの求愛は写真のようなXの体位で鰭を広げて行い、その後、首曲げ行動(勝手に私が名付けた行動名ですのであしからず・・)を行った後、岩の隙間から奥へとペアで入っていきます。
求愛に入る前に、お腹を岩にこすりつけるような仕草も見せるのですが、これがなんの意味があるのかは良く分かりません。
今年はその辺をじっくり見てみたいと思います。

首曲げの仕草はこんな感じ↓
チャガラ
EOS40D + EF100mm F2.8 + MDX-40D + YS-110×2

雄が率先して雌を巣穴へ連れて行くというよりは、お腹の大きな雌が首を曲げて雄を巣穴へと追い込んでいくように見えます。

あーだこーだ勝手に推測しながら観察すると楽しいもんです(^^)♪

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

オーバーホール

オーバーホール
久しぶりのUPです。

最近ずっとオーバーホールに追われていて、長いこと海の写真が撮れていません。
とってもありがたい事なのですが、今はチャガラの婚姻色がイイカンジなのでじっくり腰を据えて撮りまくりたいなぁ~、、、とも思います。(^^;;

しかし、オーバーホールも趣味の延長みたいな仕事でとっても楽しくさせていただいております♪

写真はTUSAのDUOエアーなるものです。
BCのインフレータがオクトパスを兼ねているというシロモノです。
すぐフリーフローするとか賛否両論ありますが、そんなのは調整次第でどうにでもなります。
私的にはコイツは邪魔なオクトがいらなくなるので画期的な商品だと思っています。
オクトとしての呼吸のしやすさなども申し分ないレベルですし。

最近、色々なメーカーの器材をオーバーホールしていて思いますが、どこのメーカーも創意工夫が凝らされていて素晴らしいと思います。
やはり素人があ~だこ~だ言っても技術屋さんにはかないませんね。

さてさて、我々ダイバーを未知の世界にいざなってくれる器材に敬意の念を抱きつつ、今日もオーバーホール頑張ります。

オーバーホール好評承り中です!!
遠方の方も着払いで送ってくださって結構ですので、どしどしご依頼くださいませ!!

作業終了後にお渡しする分解写真と、明朗会計がモットーの料金明細サンプルはコチラ↓↓↓
分解写真サンプル:PDFファイル
料金明細サンプル:PDFファイル

送先は
〒753-0831 山口市平井1043-5 ブルーワールド TEL 083-921-8685

全メーカー可能です。
通常、納期は2週間程度ですが、TUSA、mares、SCUBAPRO、アクアラング、Bismはパーツ在庫も豊富なので、急ぎのご用命にもお応えできます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2009年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。