Home > 2011年03月

2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ダンゴウオ

ダンゴウオ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:4.0  シャッタースピード:1/100  ISO:50 ホワイトバランス:曇天

体長2mm弱の極小ダンゴウオ。
今年も無事に見ることができました。

ダンゴウオが見れるとようやく春が来たな♪という感じがします。

小さいですが、愛嬌満点で、
私の中では、春の訪れを感じさせるメデタイ存在です。

卵を守るチャガラ

チャガラ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + UCL-330
絞り数値:4.5  シャッタースピード:1/400  ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

見守り続けてきたチャガラの卵がいよいよハッチアウト間近!

オレンジ色の「さいのう」と呼ばれる栄養分が入った袋はほぼ無くなったようだ。

チャガラ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + UCL-330
絞り数値:4.5  シャッタースピード:1/400  ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

眼が銀色にギラギラ輝き、今にも出てきそうに見える。

チャガラ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + UCL-330
絞り数値:4.5  シャッタースピード:1/400  ISO:100 ホワイトバランス:太陽光

時折、胸鰭を器用に使い、卵に新鮮な海水を送り込んでやる親チャガラ。

魚の世界も「子は宝」なのです。

余談ですが、我が子も今日無事に小学校を卒業することができました。
とにかく、これからも健康第一で元気に育って欲しいものです。

HDR ~ 五重塔の奥にある本堂

HDR ~ 瑠璃光寺
EOS40D + Tokina 10~17mm AT-X 107 DX Fisheye
F22 , -2.0EV 0EV +2.0EV RAW, WBオート

東北地方太平洋沖地震・・・凄いですね。

恐ろしすぎて言葉もありません。知人もいませんが、その凄惨な光景には、訳も無く涙が出そうになります。

同情するなら金をくれ!っていう安達由美の名言がありますが、私も同情するヒマがあったら少しでも募金をしようと思います。

ネットで調べたところ、ヤフーで寄付金を受け付けているようです。
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

それと、こんなものもネットで発見しました。
第2の災害に関して ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E3%81%AE%E7%81%BD%E5%AE%B3
まさに、「同情するなら金をくれ」状態ですね。皆さん、1円でもいいので、募金しましょう。全国民が1円募金しただけでも億を超えますんでね。

写真は五重塔の奥にある本堂。
隅々まで掃除が行き届いていて、凛とした空気が流れています。
嫌なことを忘れられる空間です。

あっ、今日の海は残念ながら中止です。
青海島周辺は大丈夫だと思いますが、津波注意報がでているので、仕方ありません。


HDR ~ 瑠璃光寺五重塔

瑠璃光寺五重塔
EOS40D + Tokina 10~17mm AT-X 107 DX Fisheye
F22 , -2.0EV 0EV +2.0EV RAW, WBオート

普通の写真だと外の五重塔と、真っ暗な廊下の屋根裏や横の板の両方に露出が合うことはありません。
HDRだと、真っ暗な室内から明るい外の風景まで1枚の写真で出せるんです。

右下の板あたり、かなりノイズが出てしまいましたが、なんか面白い写真が出来上がりました。

私が、HDRを本気でやってみようと思ったきっかけのホームページをご紹介しておきます。

HDR Works ⇒ http://www.hdr-image.net/

すごい写真がいっぱいなんで、是非見てみて下さい!

さてさて、今日もオーバーホール頑張らねば。。。

卵を守るチャガラ

チャガラの卵
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + UCL-330
絞り数値:5.0  シャッタースピード:1/500  ISO:50 ホワイトバランス:太陽光

麻の袋の隙間に産みつけられた卵を守るチャガラ。

うねりがほとんどない紫津浦だからできる芸当でしょう。
船越でこんなところに産んでいたら一発で吹っ飛んでいってしまう。

卵はもう眼ができていてハッチアウト間近です。

まだまだ求愛や喧嘩も見られていますので、繁殖期のチャガラ、もう少し楽しめそうです。

アユカワウミコチョウ

アユカワウミコチョウ
OLYMPUS C755UZ & PT-018 + PCU-01
絞り数値:6.3  シャッタースピード:1/1000  ISO:50 ホワイトバランス:太陽光

なんのひねりも無し。
ただササっと撮っただけ。

にしても、面白い造形、不思議な生き物。

久しぶりにコンデジで撮影しました。

白が飛ばないように、結構絞ってシャッタースピードも最速に。
いかにもコンデジで撮った風にならないように、ISOは50、コントラストはおさえめに。

瑠璃光寺五重塔

瑠璃光寺五重塔
EOS40D + Tokina 10~17mm AT-X 107 DX Fisheye
ISO 100 / F22 / シャッタースピード 1/5秒,1,3秒,20秒 HDR合成

やっと確定申告が終わった。
相変わらず、貸借対照表の意味が良く分からない・・・
会計ソフトのおかげでなんとか毎年提出できている状態です。

写真は小雨が降るどんよりした夕方の五重塔です。
雲が出ているときはHDRのチャンスなのですが、小雨はいただけませんな~。
レンズに付いた水滴が写りこんでしまいました。

ISOを一番さげて、弁天池と同じ設定で撮ったのですが、ノイズが結構出てしまいました。
なんでだろ。。。
やっぱ、なかなか難しいですね~。

さて、今日は福岡出張です。
貧乏ヒマなし(^^;;

別府弁天池

別府弁天池
EOS40D + Tokina 10~17mm AT-X 107 DX Fisheye
ISO 100 / F22 / シャッタースピード 1/5秒,1/20秒,0,8秒 HDR合成

油谷からの帰り、美祢市秋芳町にある別府弁天池に立ち寄ってHDRしてきました。
別府とつきますが大分ではなく山口の美祢市です。

ここの水はとにかくありえへん色をしています。

美祢市の観光案内から、説明文を抜粋↓

透き通ったブルーの水が不思議なほどの美しさを見せるカルスト地形特有の湧き水「別府弁天池」。この湧水は摂氏14度の透明度の高い水で、環境庁より、昭和60年7月20日、日本名水百選に選定され、灌漑や養鱒にも利用されている。マス料理を味わうもよし、釣り堀で釣りを楽しむもよしの恵みの水。
また、ここは別府厳島神社の境内でもあり、その昔、辺りを開墾したものの水不足に悩む長者が、夢のお告げ通りに弁財天を勧請すると水が湧きだしたという伝説を持つ。毎年秋にはこの神与の水に感謝の気持ちをこめ、念仏踊りが奉納されている。

試行錯誤のHDR処理の末、今回の写真はかなり良い出来になったんじゃなかろうかと♪
屋根の赤色も潰れていないし、建物の白い壁も色が飛ばずに質感がハッキリ分かるほどです。(このサイズに縮小すると良く分かりませんが、元サイズではハッキリ描写できていました。)

ISO100に設定し、ノイズも抑え、絞り込み、アンシャープマスクをギリギリまで効かせたおかげで木々の細部までクッキリ。

たまにこういう写真が撮れるとテンションがあがります。

長門市油谷の棚田

長門市油谷の棚田

今回もHDRです。
長門市油谷の棚田です。
下に見えているビーチは、大浜と言い、サーフィンのスポットとしても有名なところです。

それにしてもHDRは撮影後の処理がとても難しくて奥が深いです。
ネットでいろいろな方法が紹介してあり、真似をしてみるのですが、なかなか思い通りの色が出せません。

そもそもHDRには向く被写体と向かない被写体があって、このようなのっぺりとした風景写真はあまり向いているとは言えないようです。

協会や神社、大都会の夜景など、コントラストがくっきりしていて、人工的な線が溢れている景色だとHDRは威力を発揮します。

身近には、なかなかそのような景色がありませんが、「和」をテーマに今年はHDRに本格的に取り組んでみたいと思います。

さて、今から準備して油谷に仕事に行ってきます。もちろん小脇にカメラを携えて、HDRのネタを探しながら。。。

HOTEL MIRACOSTA

HOTEL MIRACOSTA
EOS40D + Tokina 10~17mm AT-X 107 DX Fisheye
ISO 800 / F22 / シャッタースピード 2秒,0,5秒,8秒 HDR合成

ディズニーシーの中にあるホテル。
ホテルミラコスタのロビーです。

宿泊費が高すぎて、食費にお金が回せずに、食事は豪華なスイートルームに引きこもり
コンビニの弁当やカップラーメン・・・

貧乏人には不釣合いなホテルだったけど、家具や調度品、アメニティ、水道の蛇口などなど、細かなところまで金がかかっていて、とてもリッチな気分に浸ることができました。

ミラコスタは一泊だけで、2泊目は普通のビジネスっぽいホテルに泊まったのですが、風呂の狭さや調度品の安っぽさに驚いてしまいました。
普通のホテルでも、私の生活レベルからすれば十分に贅沢なのですが、ほんの一晩の贅沢が、自分をこんなに変えるとは少し驚きでした。人間、贅沢にはすぐに慣れてしまうのですね。怖い、怖い。。。

さあ、現実にどっぷり浸かってまたコツコツと仕事を頑張りましょう!

TOKYO Disney SEA

HOTEL MIRACOSTA
EOS40D + Tokina 10~17mm AT-X 107 DX Fisheye
ISO 400 / F22 / シャッタースピード 1/100秒,1/400秒,1/25秒 HDR合成

夢の国、東京ディズニーシーです。
宿泊したホテルから見えた景色はなんとも絶景でした。

2泊3日の旅で、シーもランドも行ってきたのですが
どちらも想像以上に広く、地球一周するくらい歩いたような気がします。

外国からのゲストも多く、とくに中国人が多いようでした。
アトラクションの列に並んでいるとあちこちで中国語が飛び交い、夢の国でも中国の勢いをモロに感じました。

今回の旅で、アメリカと中国の底力を肌で感じ、
渡辺 球 氏の小説「象の棲む街」のように、未来の世界はアメリカと中国によって支配されているかもしれんな~。。。なんて思ってしまいました。

渡辺球「象の棲む町」第15回日本ファンタジーノベル大賞・優秀賞受賞作。
お薦めの1冊です。

Home > 2011年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。